な~んちって技術士の独り言

やっと家族と同居となったお気楽な技術士のゆる~い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SUKIYAKI塾北海道の合格率

SUKIYAKI塾北海道受講生の最終的な合格率が次のようになった。
筆記試験対策セミナー

   ・受講生  38名
   ・合格者  14名
   ・未報告者 11名
   ・合格率(合格者/受講生) 36.84%(全国平均 18.30%(総監除く))

 口頭試験対策講座

   ・受講生  24名(内筆記セミナー受講生 14名)
   ・合格者  22名(内筆記セミナー受講生 12名)
   ・未報告者  0名
   ・合格率(合格者/受講生) 91.67%(全国平均 83.36%)

結果としては、一応の成果は出せたと思う。
特に筆記試験では、全国平均の倍の合格率で、本当にすごいと思う。
これは、セミナーに参加された受講生の意識が高いことも影響していると思う。
おそらく、全員、自費での参加と思われ、軽い気持ちで受験している人は少なかった
のでは無いだろうか。

最終合格者22名というのは、参加した講師の数を上回っている。
なんだか、感慨深い。

ただ残念なこともある。それは、受験後の未報告者が多いことである。
おそらくは、不合格の人だろうと思うが、実に残念である。というのもSUKIYAKI塾北海道の
活動は、始まったばかりで試行錯誤の状況であり、改善すべきところがたくさんあると思う。
そのためにも「不合格」だった人の意見や経験が重要であるからだ。
それとやはり、有料(必要経費)とはいえ、参加した講師はボランティアである。交通費等の
必要経費以外は受け取っていない。セミナーの打合わせや打上げ時の飲食代は当然自腹。
みんな忙しい業務の合間や休日返上で、やっている活動である。
「好きでやってるんだろう」といわれれば、そのとおりであるが、損得を考えず、純粋に「応援
したい」という気持ちで活動している側とするとやはり、「これっきり」という態度は悲しい。

一方、口頭試験の受講者からは全員報告を受けている。これはうれしいことである。
というか、そういった約束事も守れない、受験者はやはり合格にはふさわしくないのであろう。
厳しい言い方かもしれないが。

添削をしていてよく聞くのが「ちょっと厳しく意見を書いたら、返事が来なくなった」という
話である。自分が一生懸命作ったものを否定されるのは、確かに快いものではない。
しかし、「添削をお願いします」と応募したのだから「何だこの講師、わからないのか?」や
「俺の論文を否定するなんて」と思うのは、とんでもない思い上がりである。
「講師がわからない」というのは、書いた本人が「人に伝える力が無い」のである。
添削をして1回目から「完璧です」という論文はほとんど無いわけで、そのために「意見を求め
ている」のではないか。その「意見」が自分の考えと違うだけで「拒否」するなら「添削して
ください」なんてはじめから言うな!と本当に思う。
・・・すみません。あつくなりました。

とにかく平成21年度の技術士試験については、これで日程終了。
合格した人、不合格だった人、それぞれ人生の変化点であったことには間違いないと思う。
合格した人には、「すばらしい技術者」になって欲しいと思う。
また、今回残念だった人は、来年は合格して欲しい。この一年がんばったことは無駄になること
は無いですし、昨年の今頃の自分と今年の自分では、明らかに今年のほうが技術士に近づいて
いるはずである。だから、もうちょっとがんばってみて欲しい。
・・・といっている本人もがんばらねば・・・。
高卒(正確には各種専門)の頭では、フル回転で勉強しないと他の講師のように複数部門合格は
難しいので・・・。  

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あついメッセージ好きです

norinari様こんにちは。
今回のお話は、あついです。かなりハートを揺さぶる内容でした。(笑)
SUKIYAKI塾Hの合格率は、本当恐るべしですね。レベル高しです。
参加した塾生の方々のモチベーションの高さが、私も参加していて感じました。(未熟な私が参加したのが場違いな位に感じました)
しかしながら、今回の試験では涙を呑んだ同士は必ずリベンジしてくれる事と願っております。(絶対にリベンジしてください。朗報待ってます。)
試験結果の未報告者がいたのは残念ですが、今年からのサポート権利を自ら放棄してしまった事実がとてももったいない話だと思います。
私は、講師の方々のサポートで、あこがれの技術士を名詞に表示することができました。本当に感謝しております。
口頭試験では、特にAPECさんのビデオ講座でお話しされていたことや、模擬口頭試験で対策を指導していただいた内容が、本番に生かされました。
講師の方々は、失敗された方の弱点を洗い出し、さらにサポート強化して行こうとする事も考えてのシステム作りをされていたのですね?本当に頭が下がります。
今年は、norinari様もチャレンジですか?
この資格には終焉がないようにも最近思えてきた今日この頃です。

M.A. | URL | 2010年03月17日(Wed)17:38 [EDIT]


M.A.さま

こんにちは

私は今年、総監を受験するつもりです。

確かにこの試験は、終わりが無いですね。
私は、施工計画で合格すれば上々で、ほかは望まない
と考えて受験していましたが、実際合格するとなぜか
また受験したくなる不思議な試験です。

私は総監が最後と考えています。(現時点では・・)

M.A.さんは受験されるのでしょうか?

お互い頑張りましょう!

norinari | URL | 2010年03月17日(Wed)18:09 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。