な~んちって技術士の独り言

やっと家族と同居となったお気楽な技術士のゆる~い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本労働安全衛生コンサルタント会

自宅に帰ってきたら、コンサルタント会から封書が来ていた。
あけてみると、北海道支部の入会金の請求ともう一つは事業部会の入会金と会費の請求。

どうなのよ!と思った。

まず、同じ社団法人でありながら、2つの会員形態が存在し、両方に加入する必要がある
なんて到底承服できない。
しかも、本会員になる条件には、この事が記載されていない。あとだしじゃんけんだ!
というか「だまされた」という気にもなる。

もう一つの事業部会とは、平たく言うと仕事の斡旋組織である。
「仕事を斡旋してほしければ、入会しろ」という事らしい。
でもそれって、社団法人が行うべき事業であろうか・・。
派遣法には抵触しないのであろうか。
別にコンサルタント会でなくても良いのでは?
もし、コンサルタント会で行うのであれば、弁護士会のようにコンサルタントとしての業務を行う
には入会を必須とし、公正中立に斡旋すべきでなかろうか。

技術士と比べると受験料も入会費も高く、その割りに社会的認知度も低く、ちょっとがっかりの
資格である。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。