な~んちって技術士の独り言

やっと家族と同居となったお気楽な技術士のゆる~い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リスクアセスメントってさ・・・

私が勤める会社では、未だ「労働安全衛生マネジメントシステム」には着手していない。

が、しかし、なぜか私のPCには支援システム(ソフト:噂によると数十万円する代物)が
入っている。今日は、このソフトのバージョンアップに伴う社内研修があった。

作業手順やリスク評価(二次評価)の基準すら確立していないわが社には、本当に必要な
のかと私自身は半信半疑である。まあ、リスクアセスメントそのものは法律上、努力義務と
なっているので、仕方がない。しかし、こんな高価なソフトまで必要なのだろうか?

ましてや、リスクアセスメントとは何ぞや、という基本すら理解していない「新しい物好き」
の上司が衝動買いのように導入し、ほとんど使われず3年ほど経とうとしている有様で・・

3年間、何をしてきたのだろう???(私は直接的な担当者ではなかったので把握していない)

担当者でもないので私がどうこうする問題でもなかったのだが、「保守料も払っているの
だから、有効に使うべき」と貧乏な気性が余計な仕事を増やす結果となった・・・

というのも、今年の春に「マネジメントシステムについて少し勉強するか」と資料等を集め
勉強したのだが、なかなか目標もない中では捗らない・・・とここでやめればいいのに気づ
いたら「労働安全コンサルタント」の願書に名前を書いていた。
実は、今年も技術士(他の選択科目)での受験も控えていたのだが・・・散々な結果。
技術士に集中すべきだったと今は後悔している。

労働安全コンサルタントも今の状況では合格しそうにない。
二頭追うものは・・・・・・である。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。