な~んちって技術士の独り言

やっと家族と同居となったお気楽な技術士のゆる~い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いよいよ口頭試験対策講座開催

今週末いよいよ口頭試験対策講座が開催される。
・・・といっても、すでに講座ははじまっている。

というのも会場の問題や受講生のスケジュールの都合により、実際には本日から始まっている。
集中講座は11/22に開催される。
私は、当初参加する予定では無かったが、予想よりも施工計画の受講希望者が多いようで、
急遽、参加することとなった。
また、都合により、11/22に参加できない受講者のために別の日時に別途実施する予定もある。

実際準備を進めてみると、思った以上に時間がかかる。
体験論文を熟読し、判らない部分を箇条書きにし、実際の進行を想定して質問する項目を整理する。
しかし、私は基本的に道路や橋梁などは門外漢でいろいろ調べるのに時間がかかる。
今の職場には、書籍がほとんど完備されておらず、道路橋示方書はおろか、コンクリート標準示方書
すらない。
頼りは、ネットと私の頭の中の情報・・・。
まあ不確実な部分は、受講生と一緒に調べるとして・・・(^^;

ところで、体験論文を見てみると課題や解決策は書けているが、問題点の抽出と解決策を決定
するまでのプロセスが書けていないものが多いことに気付いた。
・他の工法等の検討も行わず、自分の提案にまっしぐら・・(自己陶酔型?)
・課題から問題点も検討も無く突然解決策が出される(検討の余地もないマニュアル型?)

・・と言っている私も初めての受験時の論文(当時は筆記試験での解答だが)を見てみると、
今回の受講生よりたちが悪いが・・・orz

「もう少し、推敲して提出すべきだよな~」と思ったと同時に「口頭試験講座と体験論文の添削は
一体として行う方が効果が高いんだろうな」とも思った。
とはいっても、講師も忙しく、なかなか理想どおりにいかないのも事実。
「できることを・・・・」・・・しょうがない。

そんな中で、少しでも多くの合格者が出てくれることを祈るばかりである。
特に口頭試験は受講生全員に合格してほしい。

報告が遅れたが、筆記試験セミナー受講者の合格率が何と・・・・・
36.8%!!(報告があった合格者/受講者数)
結構良い成績じゃない?!
まあ、安価とはいえ、自腹でこういうセミナーに参加する人は、やはり「合格したい」という気持ち
が強く、普段から努力しているということもあるだろう。

せっかく筆記試験をとおったのだから、ぜひ最終合格を達成してほしい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。