な~んちって技術士の独り言

やっと家族と同居となったお気楽な技術士のゆる~い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

道東でのセミナー

技術士二次試験の合格発表まで、あと3日となりました。

今回、私には直接関係無いのですが、やはり「そわそわ」してしまいます。
SUKIYAKI塾北海道の口頭試験講座に参加された方も多数いらっしゃいますので
本当に皆さんの合格を祈る毎日です。

まだ、合格発表も終わっていないのですが、SUKIYAKI塾北海道の5月16日の
セミナーの日程に合わせて、帯広にてAPECさんの講義によるセミナーの開催が
ほぼ決まりました。
しかし、本当にAPECさんのスケジュールはタイトで、ある意味「スーパーマン」
なのではないか・・と思ってしまいます。

技術士の合格発表を控えた中、1日(月)にはRCCMの合格発表がありましたが
受験された方はどうでしたでしょうか?
私も受験することとなりそうなので、ひとごとではないです。

最近は、様々な資格制度が乱立し、何を取得すべきか悩んでしまうぐらいです。
それぞれ資格の目的は違うので比較するのはナンセンスなのですが、現実問題
として、時間、費用、難易度等を考慮し効率よく、また、資格の有効活用を考
慮し受験しなければなりません。
土木学会の資格などは、昨年の段階では、さほど魅力が無かった(あくまでも
私個人の環境や業務内容等からみて)のですが、発注者支援業務等の管理技術者
としての資格要件になっていたり、総合評価方式での加点(技術士と同等)の
対象となったりで、重要性が増した感じです。
人それぞれ意見があるでしょうか(批判的なものも含め)RCCMよりも加点が大
きいというのは、軽視できないでしょう。
RCCMは、建コン登録時の技術管理者となれるなど、この認定技術者資格と一概
に比較することはできませんが。

しかし、前述した「資格の目的」の違いと言うのがいまいちはっきりしないと
言うか、「本当にこんなに必要なの?」という思いはある。
資格の差別化が進んでいないので、同じようなフィールドで混在しているように
見えるのは私だけでしょうか?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。